家と外の境界線

家と外の区切りは塀がなければはっきりしません。境界を作ることで近所間のトラブルを軽減することにつながりますが、きちんと整備しなければいざこざの原因にもなってしまいます。

住宅の塀に使われる素材を比べてみよう

目隠しになるブロック

目隠しという面ではブロックに勝るものはありません。ブロックは基本的にコンクリートで作られますが、化粧ブロックの他にもレンガ積みや石張りといったものもあります。

デザインを大切にするフェンス

フェンスは金網の組み合わせでできていますので、目隠しには向いていません。しかし、景観に沿ったデザインが作りやすく、住宅のデザインを見せたい人にはうってつけでしょう。

ブロック工事で理想の塀を手に入れよう【工事にかかる費用を調査】

ブロック

ホームページを確認

ブロック工事をする際には費用を確認しましょう。ブロック塀を建てる面積や高さで費用は決まってきます。業者のホームページで確認するだけでなく、口コミなども調べてみて平均を確かめることが大事です。

工事現場

素材でも変わってくる

ブロックとフェンスでも工事費用が違ってきますが、これは素材が違うので当然といえます。ブロックの中でも様々な素材が分かれていますので、通常ではない素材を選ぶ際には費用の変化にも注意しましょう。相場では普通ブロックだと一平方メートルあたり1万円前後ですが、化粧ブロックになると1万3千円になってきます。

作業員

建材以外に費用がかかる作業

素材以外にもブロック工事の費用には様々な作業内容が反映されてきますので、内訳を確認し、節約できるところを相談しましょう。基礎工事にも2万円前後の費用がかかってきますし、基礎に使うベースも一平方メートルあたり4千円~1万円かかります。そのため、トータルで3万円は覚悟しておいたほうがよいです。

デザイン料もかかる?

相場は以上の通りですが、見積を見るポイントとしてデザイン料がかかっているかどうかを見ましょう。業者にとって取る場合と取らない場合がありますので注意です。

広告募集中