家の外観を決める塀はブロック工事で作られるのが一般的

工具

庭や駐車場も含めて家

家を建築する際には住み心地を重要視しますので、どうしても家の中に意識が向きがちです。しかし、外と接する庭や外構部分、また駐車場の部分も考えることで初めて快適な家づくりができるといえます。
ブロック工事からアスファルト舗装に至るまで、こういった工事は建築してから十何年後に工事が必要になることもあるので気を付けましょう。

工事現場

コンクリート工事はこうやって行われる

駐車場はよくコンクリートで舗装が行われます。その際、きれいな表面にするために刷毛を使ったりコテを使ったり工夫をしているのです。基礎がうまくいかないときれいな表面にならないので、下層には砕石を敷き、それから細かなコンクリートを重ねていきます。

工事

湿度に注意

コンクリート工事の中でも、特に土間コンクリートといわれるものがあります。これは駐車スペースから玄関までをきれいに見せてくれる施工です。この土間コンクリートですが、水分によって微妙に質が変化しますので、ひびが入らないように隙間を作っているのです。

[PR]
ブロック工事の基礎知識
失敗しないためにもチェック♪

コンクリート工事をしてよかった!経験者の声

作業員

草刈りの必要がなくなりました

庭いじりが趣味でしたが、年をとるにつれてそれができなくなってしまいました。コンクリート工事をすることで草取りの苦労から解放されましたし、庭もきれいな状態を保てています。

ブロック塀も立ててくれます

コンクリート工事をする業者には、ブロック工事をしてくれる業者もあるんですよ。私の家では駐車場を作るときに依頼しましたが、しっかり基礎工事もしてくれて安心しました。

業者を紹介してくれるサービスもある

住宅を建てるなら設計事務所に頼みますが、外構工事はどこに頼めば良いのでしょうか。迷ってしまうときは一括でコンクリート工事業者を教えてくれるサービスもあるので活用しましょう。

コンクリート工事が必要になることが多い場面

重機
no.1

住宅の基礎工事

住宅をそのまま土地に建ててしまうと、雨や風などで基礎が崩れます。コンクリートを地面に流し込み、住宅との接点を強固にする目的で工事が行われることが、最も多い場面であるといえます。

no.2

外壁

コンクリートと骨材を混ぜれば丈夫な素材になるので、建築物の壁としてもよく工事が行われます。重い素材なので、崩れないように鉄筋を入れるなどさらなる工夫も必要です。

no.3

外構

家は木材で作られることも多いですが、コンクリートは断然屋外の施工に向いている素材だといえます。駐車場や庭、家の前の道路を整えるために便利な工事ができるので、利用者は多いです。

no.4

広場の基礎

広い土地はそのままでは平らな状態を保つことができません。特にスポーツに使われる広場がそのような状態だと困ってしまうので、公共の施設では基礎にコンクリート工事を行います。

no.5

護岸工事

海岸や川岸では強い波が押し寄せ、増水したときには氾濫することもしばしばです。人々が安心して暮らせるように、日本中でしっかりとコンクリート工事で基礎が作られ、強固な護岸工事が行われています。

[PR]
アスファルト舗装を任せる!
低価格だと話題に☆

[PR]
コンクリート工事は業者へ
丁寧・迅速に対応してくれる

広告募集中